2009年12月 Archives

今回試した中で一番苦労した、、、にも関わらず結果的に使えなかったという、、、

だれか続きをやってくれw

広島ブログ

忘年会第3弾

| No Comments | No TrackBacks

昨日は今年3度目の忘年会でした。しかもメンバーほとんど一緒w

どんだけ年を忘れたいんだとw

しかもしかも、予定していたわけではなく当日の19時位に急遽決まったので、この時期に店の予約もなく探すと言う無謀さw

まぁ首謀者の頑張りにより見つかったんですけどねw

今年はあと1回かな?メンバーは違いますけど、こちらも気の合う仲間たちなので楽しみです。

あー、そーいえば今年は会社関係の忘年会が一度もなさそう。全部プライベート。

まぁ景気が悪いからwなんですが、なんだか珍しい年です。

広島ブログ

高橋建復帰

| No Comments | No TrackBacks

建さんの復帰が決まったみたいですね。

 

【復帰高橋、決意新た 入団会見で「本当にうれしい」 】
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw200912230091.htm

 

予定外にルイスが抜け(まぁ想定内でしたが)、投手陣補強が急務であっただけに、心強い限りです。

先発争いが更に激化しそう。個人的には、大竹、前田健は当確として、さいとーくん、今井、篠田、小松、武内・今村辺りでローテーションを回して、建さん、青木高あたりは後ろに回って中継ぎを厚くしてもらいたいかな。篠田が後ろでも割りと安定しそう。

シュルツを先発にという話がでているみたいですが、個人的には配置換えは失敗のリスクも高いので、できればこのまま行ってほしいですね。

まぁどちらにしろ問題は野手陣なんでしょうけど、、、、野手陣奮起しろ!!

広島ブログ

前回に引き続き bedework も入れてみた。

ちなみに CalDAV について簡単に説明すると。

CalDAV(calendaring extensions to WebDAV の略)とは、ネットワークを介して
カレンダー情報を共有するためのプロトコルであり、IETFのRFC4791として規定
されている標準規格。
カレンダー情報をクライアントとサーバで共有するために使用され、通信はHTTPを
拡張したWebDAVプロトコルが使用される。
カレンダーデータは、iCalendarと呼ぶインターネット標準のフォーマット(RFC 2445)
で書かれている。

こんな感じですw。

広島ブログ

ご無沙汰しています。かどです。

 最近とある事情により iPhone のデータ連携について調べまくっています。その中で、ActiveSync互換 OSS である z-push の存在を知ったので試しに入れてみました。
ちなみに、ActiveSyncは、Exchange と Windows Mobile などの携帯端末のデータを同期するために MS が策定した独自プロトコルです。Windows用のものであれば、動くものがMSからダウロードもできたかと。
独自プロトコルとは言え、現在様々な製品で採用されているため、実質的に業界標準になりつつあります。
ご多分に漏れず iPhone でも採用されているため、上手く使えば iPhone と各種システムとのデータ連携なんてこともできちゃいます。(Googleカレンダーとも連携できるのでご存じの方も多いはず)
ちなみに、この z-push 自体は、php で開発されたプロトコル部分の実装になるので、基本的にはバックエンドの処理は php で開発してあげる必要があります。
付属で IMAP のバックエンドプログラムが同梱されているので、今回はそれを試してみました。
あと、OSS ですが、商売で使うには、多分某MSにとっても高いライセンス料を支払う必要があると思うので、ご注意ください。<詳細は調べてません^^

しかし、この年にして&Web開発者なのに初めて php に触りましたwといっても、Perlとほとんど変わんねーってことで全然抵抗はなかったわけですが。

メール関係は仕事上比較的知識がある方なので、題材としてもとっつきやすかったです。
iPhone での、CalDAV、LDAPについても色々調べてはいるのですが、まぁまた今度。<需要があれば、、、

広島ブログ

About this Archive

This page is an archive of entries from 2009年12月 listed from newest to oldest.

2009年11月 is the previous archive.

2010年1月 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.